<< クリスチャン・ホソイ | main | お好み焼き >>

スポンサーサイト

2016.01.17 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -

一日一個のニンニク

2014.09.12 Friday

今のぼくはニンニクを食べたほうがいい、と学生時代の友人が大量に送ってくれた。
からだを温めるのにニンニクがいいそうだ。

そこで焼きニンニクやニンニク入りのスープを作ってもらって毎日食べている。

 garlic.JPG

一日一個のリンゴは医者を遠ざける、と昔から言われるね。
一日一個リンゴを食べれば健康になる、という教えだ。

毎日ニンニクを食べるようになって学んだことがある。

一日一個のニンニクはすべての人を遠ざけるね。:-)
 keisen.jpg

スポンサーサイト

2016.01.17 Sunday


コメント
ストンッと、キモチイイところに落ちるムダのない文章。相変わらず、『ニューヨーカー』の小噺のような小粋なオチが冴えてますね。
山ほどニンニクを食べて、会いに行こうかな。ふふふ。
  • 水曜日の隊長
  • 2014/09/12 8:02 PM
コメントする









sponsored links
プロフィール
本名・長野眞
フライ・コミュニケーションズ代表

1948年生まれ。1971年上智大学を卒業後、新聞記者、コピーライターの仕事を経験し、シカゴに留学。帰国後「日本国憲法」(小学館)を共同編集したことで本を作る楽しさを知り、北山耕平とともにフライ・コミュニケーションズを設立。斬新でユニークなアイデアと感性で、数多くの作品を企画、編集、執筆する。2009年世界にたった一冊の本をつくる「ニュー・グリーティングブックス」のHPを開設。10年間横浜の小さな森の中で自然とともに暮らし、現在は鎌倉の海辺で閑かな日々を過ごしている。
NEW GREETING BOOKS

NEW GREETING BOOKS

再誕を、あなたの手で。
ご存知のグリーティングブックスが
ニュー・グリーティングブックスとして、生まれ変わります。
こんどは、世界に一冊だけの本。
本に新しい生命を吹き込むのは、
あなたです。

Twitter、Facebookもお楽しみください!

fb.png
最近のエントリー
アーカイブス
カテゴリー
search.png


コメント
ブックスタイトル
南風椎の代表作を紹介します
スケルトン・キー―グレイトフル・デッド辞典
スケルトン・キー―グレイトフル・デッド辞典 (JUGEMレビュー »)
スティーヴ シルバーマン,デイヴィッド シェンク
リンクス
アザーズ
qrcode