<< 往生際 | main | 一妻多夫のギンナン >>

スポンサーサイト

2016.01.17 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -

アロエ酒

2014.11.15 Saturday

ぼくの父は60年代にひどい胃痛に悩まされ、いつも仕事を早退していた。
医者からは胃潰瘍の手術をするように言われたが断っていた。友人たちが胃潰瘍の手術で切開したところ胃がんだとわかり、元に戻したのだけど、多くがそのまま死んでしまっていたからだ。(当時胃がんは不治の病だった)
末っ子のぼくがまだ幼かったこともあり、父はまだ死ぬわけにいかないと思ったようで、医者にかからず、独自の方法で解決策を探した。そのひとつが「アロエ酒」だった。アロエを焼酎につけたものを毎日飲みつづけて、胃痛を治してしまったのだ。

     aloe.JPG

ぼくは胃痛はないけど、10年ほど前から酒はアロエ酒だけにしている。父とは体質は似ているはずだからね。

ところが今回、顔の半分にがん細胞があると宣告された。
アロエ酒はがん予防には役立たないのかも知れない :-)

でもまあぼくの年齢になればからだのあちこちにがんがあっても不思議じゃない。
しかしからだ中にがんが「転移」したとしても、胃がんにだけはならないと思う。
そう思いながら今日もおいしくアロエ酒を飲んでいる。
 keisen.jpg

スポンサーサイト

2016.01.17 Sunday


コメント
孫の姫ちゃんがアロエヨーグルトが食べたいって言うので
さっき買い物に行ったんだけど、売り切れ。
仕方がないので手作りポップコーンを作って誤魔化しました:-)
真さんに会いに行った娘は、可愛い3歳の女の子のお母さんを頑張ってやってます。
天使のような笑顔が幸せを運んでくるんですよ♪
  • 恵&友理子
  • 2014/11/17 3:11 PM
コメントする









sponsored links
プロフィール
本名・長野眞
フライ・コミュニケーションズ代表

1948年生まれ。1971年上智大学を卒業後、新聞記者、コピーライターの仕事を経験し、シカゴに留学。帰国後「日本国憲法」(小学館)を共同編集したことで本を作る楽しさを知り、北山耕平とともにフライ・コミュニケーションズを設立。斬新でユニークなアイデアと感性で、数多くの作品を企画、編集、執筆する。2009年世界にたった一冊の本をつくる「ニュー・グリーティングブックス」のHPを開設。10年間横浜の小さな森の中で自然とともに暮らし、現在は鎌倉の海辺で閑かな日々を過ごしている。
NEW GREETING BOOKS

NEW GREETING BOOKS

再誕を、あなたの手で。
ご存知のグリーティングブックスが
ニュー・グリーティングブックスとして、生まれ変わります。
こんどは、世界に一冊だけの本。
本に新しい生命を吹き込むのは、
あなたです。

Twitter、Facebookもお楽しみください!

fb.png
最近のエントリー
アーカイブス
カテゴリー
search.png


コメント
ブックスタイトル
南風椎の代表作を紹介します
スケルトン・キー―グレイトフル・デッド辞典
スケルトン・キー―グレイトフル・デッド辞典 (JUGEMレビュー »)
スティーヴ シルバーマン,デイヴィッド シェンク
リンクス
アザーズ
qrcode